2013年07月03日

フォトグラファーとして

なんちゃってふぉとぐらふぁーですよっと。
高校時代は写真部に所属してコンテストに出してみたりとかね。

で、

デジタル写真は苦手だったりします。
まぁ今のご時勢ですからデジカメ使ってますけど。

なんていうか。


デジカメ使う人って、後でデジタル修正するからいいや!!みたいな姿勢で写真撮ってる人が思いのほか多い気がしてなんだかなぁ、なんですよ。
や、デジタル修正が苦手だからっていう、負け犬の遠吠えもありますがww

でもなー
そのときの感動を切り抜くのが写真であって、そこに新しいものを作り上げるのが写真ではないと思うのですよ。
姿勢の違いだけどね。
私は前者でありたいのです。

だって、そのほうが写真を見たときに過去の感動がよみがえるじゃん??

修正された写真は所詮作り物で、感動は作り上げた感動でしかないと思うのですよ。


先に投稿したエントリで、姉は父に児ポになるような写真を撮られたことを憤慨していると書いたけども。
父からすればそれがすべて感動だったんだと思う。
生きてること、朝起きてご飯を食べて、外で遊んで、ウンチしてシッコして。機嫌が悪くなれば泣くし、嬉しければ笑う。疲れたらコテンと寝てしまう。
そうやって、自分の愛する人が産んでくれた、今生きている命に感動してたんだと思う。
今となってしまえば(大人になった本人からすれば)迷惑かもしれないけど、そこにあった感動を父は忘れたくなくてシャッターをきってたんじゃないのかな。
姉は確実に父に愛されていたよ。

まぁー
末っ子からすればウラヤマシイって、それだけの話だけどね。

姉はいつか気付くだろうか。
posted by とも太郎 at 13:18| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368187705

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。